ライバル企業に差を付けられてしまう

13-08

戦略よりも戦術に多くの企業は捉われています。戦略的に考えることがマーケティングでは重要であり、自在に環境に応じた戦術を組み合わせることができる企業になれば、確実にどんなビジネス環境においても成長を遂げることが可能になるでしょう。

多くの企業が真似することに成功している手段や方法というのは、よってすぐに陳腐化していくからです。うまくいった他社の成功事例=戦術を寄せ集め、自社に取り入れて入れていく。

ですから結果を長たらしい間にわたって出し続ける必要があります。競争優位を外部からは見えずに長たらしい間保てるというメリットがある一方、具体的な手段や方法が戦術なので外部から見ることが可能で、他社から成功すればすぐに真似されやすいというデメリットがあります。

「戦略」と「戦術」の違いをなぜ知る必要があるのでしょうか?マーケティングとは他のメニューでもお伝えしたように「儲け続ける仕組み」です。この方法でも短期的に確かに効果が上がることはあるかもしれませんが、疑問に感じるのは長期的な効果についてです。

結果を常に出し続けるためには戦略が重要になってくるのです。自社の環境に合わせて戦略というのは、最適な戦術を考えていくことです。

いつライバル企業から蹴落とされるかという不安が戦術のみで戦っている企業は常に付きまとうことになります。

徹底的に数多くの企業戦略をサポートしているベンチャーネットにお任せください。
顧客獲得や管理に関するセールスフォースやコンテンツマーケティングなどといった情報がいっぱいです。

– 注目サイト –

株式会社ベンチャーネット
URL:http://dailynewsonline.jp/article/946595/
株式会社ベンチャーネット